元探偵が明かす!!
使える浮気調査マニュアルはコチラから

ベスト浮気調査マニュアル集

浮気相手の個人情報

奥さんやご主人が浮気をしているかも?

そのように感じてしまうと、気持ちが落ち着かず、いつまでもモヤモヤした、なんとも言えないくらい辛い気持ちになるのは、誰でも同じです。

調査をする前までは、なんとなく浮気をしてそう・・・

相手は誰なのか?

どんな人なのか?

想像をするだけで実態が全くつかめていないモヤモヤ状態。

普通は、探偵に調査を依頼するとモヤモヤが晴れるでしょう。


浮気相手の個人情報を得られたら、あとは、どのような手段で浮気相手に対処するのか?

別れさせるのか、慰謝料を請求するのかなど・・・
作戦をたてる余裕まで生まれてきます。


この、モヤモヤした気持ちが晴れるのなら、探偵に調査を依頼するのがいいでしょう。

でも探偵に調査を頼むと、どうしても高額な費用が必要です。


あなたならどうしますか?

浮気調査マニュアル

もし、費用をほとんどかけないで、モヤモヤが解消できるのであれば、試してみる価値があります。

浮気・不倫の密告やチクリ

浮気を全く疑っていなかった夫婦や恋人同士の誰かしらに、突然、浮気の、ちくり密告があることが・・・・・

・浮気の事実を知っている
・密会の写真や映像、音声がある
・知らないのは当人だけで、周りの人は浮気を知っている
・具体的に、どこどこのホテルに入るのを見た

こんな情報を得たら、事実確認をしようと探偵にそうだんしたくなるのは自然なこと。

浮気や不倫の密告者は、様々な方法で情報を提供してきます。

・直接
・人を介して
・匿名の電話
・匿名の手紙
・匿名のメール
・その他

どんな方法であっても、ご主人や奥さん、彼氏や彼女の浮気や不倫の密告情報をもらってしまったときは、事実確認をするしかないでしょう。

その噂は本当なのか?
事実を確認したくなるのは、自然な思いでしょう。


密告する側にも理由があるようです。

・単に噂話(うわさばなし)が好き
・幸せそうな家族や恋人同士を見ると、意地悪したくなる
・夫婦関係や恋人仲をこわして、つけ入る隙をつくって関係を持ちたい
・恨みがある


浮気・不倫の密告には、様々なケースが絡んでいます。
探偵に浮気調査をする前に、あなたにできることがあります。

浮気調査マニュアル

  

浮気相手の家と名前

浮気相手の住所がわかれば、その場所に行かなくても、
名前が判明する方法があります。

手っ取り早いのは「住宅地図」

ブルーマップやゼンリン住宅地図が有名です。

図書館や、書店、役所などで見ることができるのですが、
最近は、インターネットやコンビニエンスストアでも
入手が可能になりました。


・有名で使いやすいのは、ゼンリン住宅地図
 プリントサービスを使うとコンビニでも入手できます。

 http://www.zenrin.co.jp/j-print/


・グーグルアース
 浮気相手の家を拡大写真で見るには。

 http://earth.google.co.jp/


・浮気相手の住所が判明しても、なんだか怖くて見に行けない。

・判明した住所が遠すぎて現場に行けない。

 こんなときは、住宅地図を利用すると便利です。


まずは住宅地図の現物を図書館や書店で
手にとって見てみましょう!!

あー、これで浮気相手の名前や住所が
確認できるんだなーって実感できます。

マンションの住民も住宅地図の後ろのほうに、
まとめて記載されています。

浮気相手の住所を調べるには
浮気調査マニュアル

 

旦那の浮気相手に慰謝料請求

旦那が浮気をしているかも。

いや、絶対していると感じた時
騒ぎ立てるのは賢い方法とは言えません。

騒ぎ立てると
旦那さんが、今まで以上に帰宅が遅くなったり
隠し事が増える例が多くなります。

旦那さんの浮気相手の
名前や住所、仕事などを把握して
慰謝料請求に持ち込むことは
難しいことではありません。

方法を知ってしまえば
浮気相手の詳しい素性や
慰謝料請求は、思った以上に簡単です。

そして、夫婦の関係を維持することも
大切なことです。

役に立つ浮気調査方法
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。